吐血と喀血の違い

吐血と喀血はどちらにしても口から血を吐くことですが、出血源が異なります。喀血というのは咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血の場合は、無腸間膜小腸等の上部消化管から出血する症状を示しているのです。

一旦歯の周りのエナメル質を浸食してしまう程に、症状の進んでしまった歯周病は、実際進行具合そのものが沈静化したとしても、溶けてしまったエナメル質が元の状態に再構築されることは決してありません。

早寝早起き、暴飲暴食の回避、続けられるスポーツなど、以前から紹介されている身体への慈しみがからだ全体の老化防止にも関係しているといえます。

食生活の変化などによって最近増えている逆流性胃腸炎は、5日前後しっかりと薬を飲めば、おおかた8割~9割の人の自覚症状は治まりますが、さりとて食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が治癒したとは言い切れないので留意してください。

暴飲暴食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的なストレス、老化等の多様な誘因が合わさると、インスリン分泌が下がったり、動きが落ちたりして自覚症状に乏しいことが多い2型糖尿病を発病します。

 

コメントを残す