有害なUV-Aの著しい浴び過ぎが、皮膚疾患を来す

WHO(世界保健機関)は、有害なUV-Aの著しい浴び過ぎが、皮膚疾患を来すとして、19歳未満が人工的に肌を焼く日焼けサロンを使うことの禁止を強く先進国に求めています。

国民病ともいわれる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギ等の決まった時期に飛散する花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水等の多様なアレルギー反応を起こしてしまう疾患だと広く知られています。

要するに基礎代謝量とは、寝たままで何もしない状態で生命活動を維持していく(心臓の鼓動、呼吸、腎機能の動き、体温や筋緊張の保持等)のに必須となる基本的なエネルギー消費量の事を指しているのです。

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経をコントロールしたり痛みの制御、あらゆる覚醒現象等を押さえており、うつ病(単極性気分障害)を患っている人は、その働きが弱体化していることが分かっています。

鍼灸の鍼を患部に刺してもらう、という物理的な複数の刺激が、神経細胞を覚醒し、神経インパルスという名称の、いわば電気信号伝達を発生させると言われているのです。

 

コメントを残す